クラム(Curam)375mg[オーグメンチンと同成分]

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,552 円~
【商品説明】
クラムは、アモキシシリンとクラブラン酸を有効成分とする複合抗生物質で、グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌に効果があります。

クラムの有効成分であるアモキシシリンはペニシリン系の抗生物質で、細菌の細胞壁の生成を抑制することで殺菌的に作用します。グラム陽性菌を中心に、大腸菌やインフルエンザ菌などグラム陰性菌の一部にも有効ですが、緑膿菌やセラチアには有効ではありません。扁桃炎・咽頭炎・気管支炎・中耳炎など比較的軽い感染症に用いることが多く、安全性が高いですがまれにアレルギー症状を起こします。

もう一つの有効成分であるクラブラン酸は、万が一細菌がβラクタマーゼという抗生物質分解酵素を生成しアモキシシリンに対する耐性があったとしても、クラブラン酸がその細菌の生成する酵素を阻害することでアモキシシリンの抗菌作用が無効化されることを防ぐことができます。

クラムは、抗菌作用を発揮し、細菌感染症の治療に使用されます。日本で認可されているオーグメンチン配合錠と同成分です。

【効果効能】
〈適応菌種〉
本剤に感性のブドウ球菌属、淋菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属、インフルエンザ菌、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)

〈適応症〉
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、子宮内感染、子宮付属器炎、中耳炎

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常成人は、1回375mg(1錠)、1日3~4回を6~8時間毎に経口投与してください。なお、年齢、症状により適宜増減します。

【注意事項】
本剤の成分によるショックの既往歴、伝染性単核症、本剤の成分による黄疸又は肝機能障害の既往歴がある方は、本剤の使用をしないでください。

本剤の成分又はペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴がある方は、使用しないことを原則としますが、特に必要とする場合は医師に相談してから使用してください。

セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴がある、本人又は両親・兄弟に気管支喘息・発疹・蕁麻疹等のアレルギー反応を起こしやすい体質を有する、高度の腎障害、高齢者、経口摂取の不良な方又は非経口栄養の方、全身状態の悪い、肝機能障害などに該当する方は、慎重投与となりますので、本剤を使用する前に必ず医師にご相談ください。

ショックがあらわれるおそれがあるため、本剤の使用をする前に、医師の診察をお受けください。

薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
子供の手の届かないところに保管してください。
直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

【副作用】
発疹(小さな赤いブツブツなど)、じん麻疹(プックリと赤く腫れる)、軟便、下痢、腹痛、吐き気
長期服用により菌交代症(口内炎、カンジダ症)やビタミンK欠乏症(出血傾向)

重い副作用(めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください)
アナフィラキシー・ショック、急性腎不全、無顆粒球症、白血球減少、大腸炎、重い皮膚・粘膜障害、肝臓の重い症状、間質性肺炎、好酸球性肺炎、無菌性髄膜炎

わりと多いのは下痢で、抗菌作用により腸内細菌のバランスが乱れるために生じます。軟便くらいであれば、たいてい心配ありませんが、ひどい下痢が続く・血便がある場合は速やかに医師の診察をお受けください。

また、発熱を伴う発疹、ひどいじん麻疹、顔や口が腫れて息苦しいなど異常を感じた場合は、医師の診察をお受けください。

【成分】
Amoxycillin (アモキシシリン) 250mg、Clavulanic acid(クラブラン酸) 125mg

【メーカー】
Sandoz Gmbh

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓