デュオサイド(Duocid)375mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,223 円~
【商品説明】
ペニシリン系抗菌薬のDuocid(デュオサイド)です。有効成分としてスルタミシリンを含有しています。国内で流通しているユナシンと同成分のお薬です。

Duocid(デュオサイド)の有効成分「スルタミシリン」は、ペニシリン系抗生物質のアンピシリンと、βラクタマーゼ阻害剤のスルバクタムが結合した物質です。

ペニシリン系抗生物質のアンピシリンは、細菌の細胞壁合成を阻害することで殺菌作用をあらわします。βラクタマーゼ阻害剤であるスルバクタムは、βラクタマーゼ産生菌(抗生物質分解酵素であるβラクタマーゼを産生する細菌)に対して酵素阻害作用を示し、アンピシリンによる殺菌作用を補助します。

Duocid(デュオサイド)は、有効成分「スルタミシリン」が有するこの2つの作用によって、アンピシリン感性菌はもとよりβ-ラクタマーゼ産生菌を含む複数菌による混合感染にも強い抗菌力を示します。

【効果効能】
<適応菌種>
スルバクタム/アンピシリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌

<適応症>
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、子宮内感染、涙嚢炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
スルタミシリンとして、通常成人1回375mg(力価)を1日2~3回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

※本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、β-ラクタマーゼ産生菌、かつアンピシリン耐性菌を確認し、疾病の治療上必要な最少限の期間の投与にとどめること。

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに1回分を服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。2回分を一度に服用しないでください。
本剤には併用に注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合や新たに使用する場合は、必ず医師又は薬剤師に相談してください。
セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方、本人又は両親・兄弟に気管支喘息・発疹・蕁麻疹等のアレルギー反応を起こしやすい体質を有する方、高度の腎障害のある方、経口摂取の不良な方や非経口栄養を摂取中の方・全身状態の悪い方、高齢の方は、本剤を使用する前にそのことを必ず医師又は薬剤師に告げてください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤を使用する前に必ず医師又は薬剤師に相談してください。
本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。
子供の手の届かないところに保管してください。
直射日光と湿気を避けて、室温(1~30℃)で保管してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分又はペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方
伝染性単核症の方

【副作用】
下痢・軟便

稀にショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis、TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎、急性腎障害、間質性腎炎、血液障害、出血性大腸炎、偽膜性大腸炎、肝機能障害、黄疸
などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Sulbactam (Equivalent to Sultamicillin Tosylate 520.8mg) 375mg, Ampicillin 220mg

スルバクタム(スルタミシリントシル酸塩 520.8mg 相当) 375mg、アンピシリン 220mg

【メーカー】
Pfizer

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓