セファデックス(Cephadex)250mgカプセルタイプ[セファレキシン]

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:4,002 円~
<ペニシリン系>
世界で初めて発見された抗生物質で、梅毒の特効薬として用いられる。

<セフェム系>
抗生物質として最も使用頻度の高い薬剤である。

<マクロライド系>
抗生物質の中では副作用の発生率が1番低いもの。

<テトラサイクリン系>
広い範囲の菌種に対して抗菌作用を示してくれる。

<ニューキノロン系>
抗菌力が強いため、様々な疾患に用いられる。

<リンコマイシン系>
ニキビ菌(アクネ桿菌)やブドウ球菌など細菌の殺菌をする。

<オールドキノロン系>
それほど抗菌力もなく効く細菌も少ない。

~抗生物質の詳細はこちらから~

【商品説明】
セファデックス(Cephadex)は、セファレキシンを主成分とするケフレックスのジェネリック医薬品で、淋病などの性感染症をはじめ、細菌感染症に対して効果を発揮する抗生物質です。

セファデックスの成分であるセファレキシンは、セフェム系の第1世代の代表的な抗生物質で、細菌の細胞壁生成を抑制することで殺菌的に作用します。セファレキシンは比較的副作用が少なく安全性が高く、多様な細菌に有効なため、呼吸器系・耳鼻科系の治療に広く使われています。また、喉の痛み・発熱をともなうかぜにも処方されます。インフルエンザを含め一般的なウイルス性のかぜには効果はありません。

●以下の症状に効果があります。
表在性皮膚感染症・深在性皮膚感染症・リンパ管/リンパ節炎・慢性膿皮症・外傷/熱傷及び手術創等の二次感染・乳腺炎・骨髄炎・筋炎・咽頭/喉頭炎・扁桃炎・急性気管支炎・肺炎・慢性呼吸器病変の二次感染・膀胱炎・腎盂腎炎・前立腺炎(急性症・慢性症)・精巣上体炎(副睾丸炎)・淋菌感染症・子宮頸管炎・バルトリン腺炎・子宮内感染・涙嚢炎・麦粒腫・角膜炎(角膜潰瘍を含む)・外耳炎・中耳炎・副鼻腔炎・化膿性唾液腺炎・歯周組織炎・歯冠周囲炎・上顎洞炎・顎炎・抜歯創/口腔手術創の二次感染などの感染症

そのほか、グラム陽性菌、一部のグラム陰性菌にも効果を発揮します。

セファデックスは、有効成分であるセファレキシンの働きにより、幅広い細菌に対して殺菌作用を示す薬で、体内に侵入した細菌の細胞壁合成を抑制することで感染症を治療します。

【効果効能】
細菌による感染症の治療

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
セファレキシン250mg(セファデックス)・カプセルタイプ
通常、成人にはセファレキシンとして1 回250mg(1カプセル)を6 時間ごとに経口投与する。
重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例には1回500mg(2カプセル)を6時間ごとに経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

セファレキシン250mg(セファデックス)・錠剤タイプ
通常、成人にはセファレキシンとして1回250mg(1錠)を6 時間ごとに用時、水に分散して経口投与する。
重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例には1回500mg(2錠)を6時間ごとに用時、水に分散して経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

【注意事項】
服用は治療上必要な最小限の期間に留めてください。
他の疾患をお持ちの方及び、薬剤を服用中の方は本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。
子供の手の届かないところに保管してください。
直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

【副作用】
発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱、リンパ腺腫脹、関節痛等の副作用が報告されています。
また、稀に重大な副作用も報告されていますので、異常が生じた際には、直ちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

【成分】
Cephalexin 250mg

セファレキシン 250mg

【メーカー】
Cipla Ltd.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓