チャンピロックス(Campilox)250mg(ジェネリックコンビペニックス)

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:2,295 円~
【商品説明】
Campilox(チャンピロックス)は、有効成分アンピシリンとジクロキサシリンを配合したペニシリン系抗生物質です。

感染症は、病原微生物が人の体に侵入することにより、発赤や腫れ、痛み、発熱などの症状を引き起こす病気です。病原微生物には細菌、ウイルス、真菌、原虫などが含まれますが、Campilox(チャンピロックス)は細菌に対して作用します。細菌の細胞壁合成を阻害し、殺菌的な抗菌作用を示します。ジクロキサシリンには細菌の作るβラクタマーゼという抗生物質分解酵素を抑える作用があるため、アンピシリンの効きが悪い細菌に対しても安定した抗菌力を発揮します。

Campilox(チャンピロックス)はグラム陽性菌を中心に、大腸菌やインフルエンザ菌などのグラム陰性菌にも有効で、ブドウ球菌・レンサ球菌・赤痢菌などの細菌感染症に適しています。また、主に呼吸器系や耳鼻科領域に使用されており、のどの痛みや発熱をともなう風邪にも有効です。

【効果効能】
重篤な感染症で起炎菌の決定を待つことが困難な疾患
細菌性肺炎、気管支肺炎
混合感染が十分考えられ、かつ起炎菌の決定が困難な疾患
気管支拡張症・慢性気管支炎・肺気腫および気管支喘息の感染時、肺化膿症、膿胸、肺結核二次感染
複雑性尿路感染症(カテーテル留置例を除く)

※本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常成人は、1回1カプセルを1日4回経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減し、最大1日12カプセルまで増量できる。

※本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

【注意事項】
自分の判断で中止せずに医師の指示どおり服用してください。
尿糖を測定した場合、実際には陰性でも検査の結果が陽性に出ることがあります。
本剤はカート茶と一緒に飲まないでください。
喘息や蕁麻疹などのアレルギー症状がある方、腎臓の悪い方、高齢の方は副作用が心配されるため注意してください。
本剤の服用により、避妊薬の効果が減弱するおそれがあります。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分によるショックの既往歴のある方
伝染性単核症のある方

【副作用】
発熱、発疹、下痢、悪心、食欲不振

ショック、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、無顆粒球症、溶血性貧血、急性腎不全等の重篤な腎障害、偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Each Hard Gelatin Capsule Contains:
Ampicillin Trihydrate Equivalent to Ampicillin 250mg, Dicloxacillin Sodium Equivalent to Dicloxacillin 250mg

1カプセル(ゼラチン硬カプセル)中:
アンピシリン水和物(アンピシリン 250mg 相当)、ジクロキサシリンナトリウム(ジクロキサシリン 250mg 相当)

【メーカー】
Cadila Pharmaceuticals Limited

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓