クレオシン(Cleocin)150mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,065 円~
【商品説明】
Cleocin(クレオシン)は、細菌が原因となる感染症に対し、細菌を抑制する効果を発揮する抗生物質です。

Cleocin(クレオシン)の主成分クリンダマイシンは、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌に対し、抗菌の作用を発揮します。なお、このクリンダマイシンは、菌を直接的に死滅させるのではなく、細菌の蛋白質合成を阻害することで、増殖を抑制する(静菌効果)タイプの薬剤ですので、一定期間服用を続ける必要があります。

Cleocin(クレオシン)はファイザー社による先発医薬品(海外流通品)で、ダラシン(主成分クリンダマイシン)と同等の製品です。

【効果効能】
適応菌種
クリンダマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌

適応症
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、涙嚢炎、麦粒腫、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、顎骨周辺の蜂巣炎、顎炎、猩紅熱

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人はクリンダマイシン塩酸塩として1回150mg(1カプセル)を6時間ごとに経口投与、重症感染症には1回300mg(2カプセル)を8時間ごとに経口投与してください。ただし、年齢、体重、症状等に応じて適宜増減してください。

【注意事項】
薬剤エリスロマイシン(エリスロシン等)とは、併用しないでください。
本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめてください。
本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。
室温で保管してください。

■以下の方は本剤を服用しないでください。
本剤の成分、又はリンコマイシン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方

【副作用】
食道炎、食道潰瘍、下痢、軟便、食欲不振、悪心・嘔吐、腹痛、舌炎、そう痒、発疹、浮腫、白血球減少、顆粒球減少、血小板減少、好酸球増多、黄疸、Al-P・AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇、クレアチニン、BUN、NPNの上昇、窒素血症、乏尿、蛋白尿、耳鳴、めまい、口内炎、カンジダ症、発熱、頭痛、倦怠感、腟炎、小水疱性皮膚炎、多発性関節炎、苦味

ショック、アナフィラキシー、偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎、薬剤性過敏症症候群、無顆粒球症などの症状が現れる場合があります。

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Each Capsule Contains:
Clindamycin HCl 187.5mg Equivalent to Clindamycin 150mg

1カプセル中:
クリンダマイシン塩酸塩 187.5mg(クリンダマイシン 150mg相当)

【メーカー】
Pfizer

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓