[クラビットジェネリック]Levonat500mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:963 円~
【商品説明】
Levonatは、薬効成分レボフロキサシンを含有するクラビットのジェネリック医薬品です。

レボフロキサシンは、抗菌薬の中でもニューキノロン系に分類され、幅広い細菌に対して殺菌作用を有しています。レボフロキサシンを始めとするニューキノロン系の抗菌薬は、細菌がDNAを複製するのに必要なDNAジャイレースという酵素を阻害することによって薬効を発揮します。

多くの疾患にレボフロキサシンが使用されていますが、未変化体で腎臓から排出されるという特徴をもつため、女性の膀胱炎を始めとした尿道、腸管感染症にも用いられています。また、レボフロキサシンの組織への移行性は良好なことから、多くの感染症を効率よく治療することができると示唆されています。抗菌薬で問題となるのが「耐性菌の出現」ですが、それを回避するため、レボフロキサシンは1日1回、500mgという服用方法をとります。高用量を1日1回服用することで体内に存在する細菌を排除し、その結果、感染症を改善へと導きます。

【効果効能】
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎
慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)
外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎
扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎
慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎
前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎
胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎
子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎
中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎
顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500mg(1錠)を1日1回服用する。
なお、疾患・症状に応じて適宜減量する。
腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mg(1錠)を1日1回14日間服用する。

【注意事項】
自己の判断で中止せず医師の指示どおり服用してください。
胃薬(アルミニウム、マグネシウム含有制酸剤)や鉄剤、カルシウム含有製剤と同時に服用すると効き目が弱くなるので、できるだけ(1~2時間以上)避けてください。
本剤の服用中は、車の運転等、危険を伴う機械の操作は行わないでください。
妊娠中または妊娠の可能性のある方は本剤を服用しないでください。
オレンジジュース中の成分により効果の遅延および減弱が起こりますので、本剤はオレンジジュースと一緒に飲まないでください。

【副作用】
視覚障害(目がかすむ、物がぼやけてみえる)
けいれん
光線過敏症(日光のあたる部分に水泡を伴い肌が赤くなる、水ぶくれ、かゆみ)
横紋筋融解症(筋肉の痛み、疲労感、脱力感、手足のしびれ・こわばり、赤褐色尿)
腎障害(発熱、発疹、関節の痛み、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、むくみ、尿量が少なくなる)
アレルギー反応(皮膚のかゆみ、蕁麻疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁)
偽膜性大腸炎(下痢を頻回にする。便に血が混じる、お腹が痛い)
低血糖(冷や汗が出る、ふるえ、体がだるい、異常にお腹が空く、どきどきする)

【成分】
Levofloxacin 500mg

レボフロキサシン 500mg

【メーカー】
Atabay

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓