テルビナフィン250mg(テルビフェイス)

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:747 円~
【商品説明】
Terbiface(テルビフェイス)は、日本国内でも処方されているラミシールのジェネリック医薬品で、有効成分テルビナフィンを含有した抗真菌剤です。

テルビナフィンは、広い抗真菌スペクトルを有しており、皮膚糸状菌、カンジダ属、スポロトリックス属、黒色真菌に対して効果を発揮することから、白癬菌(カビの一種)が起こす皮膚の病気で皮膚の深いところや爪にできるもの、ひどい水虫やタムシの治療に用いられています。

Terbiface(テルビフェイス)は、真菌の細胞膜成分の合成に必要な酵素の働きを妨げます。この作用により、真菌の増殖を抑え殺真菌作用を示します。このお薬は、体調がよくなったと自己判断して服用を中止したり、量を加減すると症状が悪化することがあります。医師の指示通りに飲み続けることが重要です。

【効果効能】
皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症。
但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。

深在性皮膚真菌症
白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス

表在性皮膚真菌症
白癬:爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬
※手・足白癬は角質増殖型の患者及び趾間型で角化・浸軟の強い患者、生毛部白癬は感染の部位及び範囲より外用抗真菌剤を適用できない患者に限る。

カンジダ症:爪カンジダ症

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人にはテルビナフィンとして125mg(250mgの場合:0.5錠、500mgの場合:0.25錠)を1日1回食後に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中に車の運転など危険を伴う機械の操作を行う際は注意してください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
授乳中の方は服用しないでください。やむを得ず服用する場合は授乳を避けてください。
誤って多く服用した場合は医師又は薬剤師にご相談ください。
身体がだるい、皮膚がかゆい、湿疹、発熱、皮膚や眼が黄色くなる、血が止まりにくい、鼻血などの症状がみられたら必ず医師・薬剤師にご相談ください。
本剤の服用前、服用中は定期的に肝機能・血液検査を受けるため受診してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
重篤な肝障害のある方
汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少等の血液障害のある方
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

【副作用】
γ-GTP上昇、白血球減少、胃部不快感

重篤な肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄疸等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性全身性発疹性膿疱症、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、横紋筋融解症、ショック、アナフィラキシー、薬剤性過敏症症候群、亜急性皮膚エリテマトーデスなどの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Terbiface 250
Terbinafine 250mg
テルビナフィン 250mg

Terbiface 500
Terbinafine 500mg
テルビナフィン 500mg

【メーカー】
Healing Pharma

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓